• 産前産後シッター
  • 所属団体など
  • とうきょう子育てスイッチ
  • 福利厚生施設の利用が可能です
  • 若いベビーシッターさんにできないこと

    。サイト内のいろいろな部分で当社ベビーシッターの特徴として

    「実家のお母さんにお子さんを預ける感じで」

    「町の助産師さんのような存在」

    と言っています。

    では一体何が異なるのか簡単な例をご紹介します。

    ナニーズハートのベビーシッターは経験豊富

    赤ちゃんの沐浴

    通常ベビーシッターは「ベビーシッター講習」などでトレーニングをします。

    ですがそういった場で実際の赤ちゃんを練習台にするわけにはいきません。

    首が座っていない赤ちゃんを練習台にはできませんから

    したがって「ベビーシッター講習」や「保育学校の講習」はお人形を使って練習します。

     

    確かに赤ちゃんの扱いに慣れていない人は練習になるかもしれません。

    本当の赤ちゃんと同じような大きさ、重さの人形です。

    ですが・・・・

    実際の赤ちゃんは動きます、人形より滑ります、沐浴中にウンチもオシッコもします。

    赤ちゃんだって人間。10人いたら10人全員、人形の練習通りにはいきません。

    そして実際、過去にお母様から聞いたお話ですが

    初めて人間の赤ちゃんを沐浴しようと思うと

    かなり怖いそうです。

    そういった自信のなさも赤ちゃんに伝わりストレスを与えます。

    何十人も赤ちゃんをお世話したベビーシッターだからできる

    何度も同じことを言ってしまいますが

    こういったことが異なるのはかなり大きな差ですよね

    また、新ママも緊張する沐浴。ウチではベビーシッターさんから

    「沐浴の仕方を教えてください」なんてことも少なくありません。

    もちろん市町村で新ママのために新生児講習のようなものはありますが

    それだけでは中々覚えられないのが現実のようです。

    そんな新ママにも経験豊富なベビーシッターがご依頼があれば教えています。

    お母さんの授乳のお悩み


    このご相談もすごく多いです。

    「中々飲んでくれない」

    「おっぱいがでない」など

    新ママさんの中にはこういった状態をすごく悩まれている

    方も少なくないのが現実です。

     

     「母乳の搾乳と保存」「母乳を飲んでくれないときはどうすればいいか」

    こういった相談ができるベビーシッターだからこそ

    新生児のベビーシッターの御依頼

    がとても多いです。

    そして当社のベビーシッターは教員資格を持っているベテランベビーシッターさん

    調理師免許を持ったベテランベビーシッターさん。

    全員、新ママにいろいろ教えていますが

    決して「どうしても覚えてもらわないと困る」という感じに

    お母様に詰め込み教育をする訳ではありませんし

    あくまでも、お客様から教えて欲しいと言われた時に

    時間をかけてでもお母様にゆっくり、そして楽しい会話も混ぜて

    教えて差し上げております。


    という訳でウチのベビーシッターさんは本当に新生児のお世話、新ママからのご相談。

    両方合わせてお手伝いさせていただきます。

    産後ケアの料金は家事のお手伝いがない場合はお得な料金でご利用できます。

    若いベビーシッターさんはある程度大きくなられたお子様には

    最適の遊び相手だと思います。

    でもやはり新生児のベビーシッターはやはり経験がモノを言うと言う事ですね。

    お子様に合ったシッター選びが大切ですね。