• 産前産後シッター
  • 所属団体など
  • とうきょう子育てスイッチ
  • 福利厚生施設の利用が可能です
  • ベビーシッターの形態と依頼の仕方

    プレママのベビーシッター探し

    皆さんはベビーシッターを選ぶときに何を基準の選びますか?

    ・料金

    ・ベビーシッターの利便性

    ・ベビーシッター形態(依頼のスタイル)

    ・口コミを参考にする

    ・自分の会社から紹介された

    ということです。

    ですがベビーシッター会社を運営している立場から見ていると一番の大きな理由は料金な気がします。

    でも本当に料金だけで選んでいいのでしょうか?

    確かに料金は一番気になるところだけど・・

    子育ては出費が多いので理解できます。
    でもそれだけで選んで大丈夫ですか?横浜市のベビーシッター先生

    ベビーシッター料金の価格破壊

    実際にベビーシッター会社を運営している立場ですから広告なども出すことがあります。

    そういった経緯、少子化によるお客様の争奪がかなり激しくなっているようです。

    したがってその傾向を見ると争奪戦が激しくなって料金の価格競争も激化しているのが垣間見えます。

    ベビーシッター形態によって異なる料金

    ベビーシッターを依頼するときはいくつかの種類のベビーシッターがいることを知っていたほうがいいかもしれません。

    目的や予算、そしてお子さんにもストレスにならないように何が一番重要かというのをよく考えてから探すことをおすすめします。

    フリーランスのベビーシッターさん

    いわゆる会社ではなく個人でいろいろなお客様を取っているベビーシッターさん。

    最近ではマッチング会社というものも多くあります。そして料金は会社形態のベビーシッター料金よりも安いです。

    ただし・・・・

    あくまでも個人的な意見ではありますが

    個人は個人です。

    一応マッチング会社と登録のベビーシッターさんの間に契約は存在します。

    ただ何かあった場合はもちろんマッチング会社もサポートはしてくれますが

    【基本的には顧客とベビーシッター双方での話し合い】

    と設定しているところもあるようです。

    行政などが行っている育児サポート

    これは各々行政によって異なります。

    かなり料金的には安い場合もあります。

    でもこれもフリーランスと同じで専属で来てもらうのは難しい場合もあります。

    そして1日の利用限度時間が希望と合わなかったり

    夜間は不可能であったりする場合も存在します。

     

    ベビーシッター会社

    ベビーシッターの会社、いわゆる企業のベビーシッターです。

    登録制のところもあるとは思いますが基本的に会社が雇っているということがいえるでしょう。

    そして依頼があった場合新規の場合はお客様の希望などを伺ってその依頼に沿えるベビーシッターを就業させます。

    そして依頼が夜遅くまでというリクエストであればそれに伴って人を担当させる。

    また何かあった時も会社がベビーシッターとお客様の間に入りますのでそういった点ではフリーランスよりもいいかもしれません。

    ただし、その分料金は他よりも少し高めです。


    このようにひとくちに「ベビーシッター」と言ってもいろんな特色があるので

    お客様の希望やスタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。

    子供と遊ぶベビーシッター

    今までにも「何人もベビーシッターを変えた」

    というお話をお客様から聞くことがたまにあります。

    ですのでベビーシッター選びは最初がとても肝心です。

    親御さんのご希望も当然大切ですが

    結局お子さんは親御さんよりベビーシッターとの時間を長く過ごします。

    ですのでベビーシッターを選ぶときには慎重に選択してください。

    ちなみに・・・・

    新生児の場合は不可能ですが

    ある程度自我が芽生えたお子様にはベビーシッターとの依頼前面接などで

    お子様の反応を見てもいいですね。